【03月24日のおすすめ動画】 「平成の三四郎」古賀稔彦さん死去 日本柔道界の一時代を築く

スポンサーリンク

トレンドキーワードのおすすめ動画を紹介します!

「平成の三四郎」古賀稔彦さん死去 日本柔道界の一時代を築く

 

項目別評価
再生回数  9814
高い評価の数  176
低い評価数  10
お気に入り数  0
コメント数  53

 

柔道のオリンピック金メダリストで「平成の三四郎」と呼ばれた古賀稔彦さんが、24日朝、亡くなったことがわかった。
53歳だった。

関係者によると、古賀さんは24日朝、自宅で亡くなったという。

死因に関しては明らかになっていないが、2020年の夏ぐらいから、体調を崩していたそう。

古賀さんは、1992年のバルセロナオリンピックで日本選手団の主将を務めた。

練習中に左膝を痛めながらも、痛み止めを打ちながら試合に出場し、男子71kg級で金メダルを獲得した。

豪快な背負い投げを武器に、「平成の三四郎」と呼ばれ、日本柔道界の一時代を築いた。

現役引退後は、指導者として後進の指導にあたり、自ら柔道の私塾を設立し、普及活動にも努めてきた。

53歳でのあまりにも早すぎる旅立ちとなった。

突然の訃報に、街の人からは驚きの声が聞かれた。

40代「今聞いてびっくり。リアルタイムで見ていて、けがをしながらメダルを取った姿とか、すごく印象的で、すごくショック」

60代「すごく一生懸命、その道を究めた人だから、ご冥福をお祈りしたい」

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

アプリで最新ニュースに簡単アクセス
https://yappli.plus/fnn-prime_flyer

 

チャンネルはこちら

タイトルとURLをコピーしました